Honganji

Cast & Staff キャスト&スタッフ

Cast キャスト


陣内孝則

織田信長

陣内孝則Jinnai Takanori

1958年8月12日生まれ、福岡県出身。
80年「ザ・ロッカーズ」でバンドデビュー、82年 映画「爆裂都市 BURST CITY」で俳優デビュー。
86年 TVドラマ「ライスカレー」、89年「愛しあってるかい!」などで注目される。
87年 映画「ちょうちん」で報知映画賞・主演男優賞、ブルーリボン賞・主演男優賞を受賞。
88年「ちょうちん」で日本アカデミー賞・優秀主演男優賞を受賞。89年 映画「極道渡世の素敵な面々」「疵」で日本アカデミー賞・優秀主演男優賞を2年連続受賞。
主な作品は映画「さらば愛しのやくざ」「河童」「種まく旅人〜みのりの茶〜」「超高速!参勤交代」、TVドラマ NHK大河ドラマ「太平記」、TBS「天国に一番近い男Ⅰ・Ⅱ」、EX「菊次郎とさきⅠ・Ⅱ・Ⅲ」、CX「1リットルの涙」EX「交渉人Ⅰ・Ⅱ」、NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」、舞台「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」「Buddy〜バディ・ホリーストーリー〜」「おかしな二人」「イーストウィックの魔女たち」「菊次郎とさき」「ウィズ〜オズの魔法使い〜」など。監督作品としては「ロッカーズ」「スマイル〜聖夜の奇跡〜」がある。最新作「幸福のアリバイ〜Picture〜」が今秋公開。


壮一帆

顕如

壮一帆Kazuho Sou

中学3年の時宝塚歌劇団への入団を決意。難関で有名な宝塚音楽学校を高校3年に受験し、合格。1996年、『CAN-CAN』で初舞台を踏む。その長身と長い手足を生かしたしなやかでキレのあるダンスと確かな歌唱力は常に注目を集め、2012年、雪組トップスターに就任。洋物の美しさはさることながら和物でもその特質は際立ち、2014年8月、『一夢庵風流記 前田慶次』で宝塚歌劇団を退団。
2015年宝塚退団後初のソロコンサート・壮一帆Firstコンサート『Feel SO Good』を成功させると共に、壮独自のエンターテイメント性を大いに発揮。
2016年、女優としての第一作目、ミュージカル『エドウィン・ドルードの謎』ではその設定もさることながら、かつてない女優像を見せ、新たな魅力をアピールする。
宝塚ですべての“壮一帆”を燃焼した今、新しい“壮一帆”として今後の活躍が大いに注目される。


諸星和己

雑賀孫市

諸星和己Kazumi Morohoshi

1970年8月12日生まれ、静岡県出身。
1987年 光GENJIのメンバーとしてレコードデビュー
1995年 光GENJI解散後 ソロ活動を開始する。
2001年 渡米
これまでの芸能活動で、数々の伝説を残したアイドルと言われ、ゴールドディスク賞、日本レコード大賞、ゴールデンアロー賞など、受賞歴多数。
現在はニューヨークを拠点とし、ミュージカル、映画、ドラマ・バラエティーなど様々なジャンルで活躍し、日本屈指のエンターテイナーと言われ、2016年8月 Newシングル「Gimme Attention」をリリース。現在もライブ活動を行うなど、まだまだ伝説は終わらない。
主な舞台出演作
「GOLDEN BOY」
「スター誕生」
「マッスルミュージカル Voyage」
「EVIL DAED 〜死霊のはらわた〜」
「ブロードウエイミュージカル:キャバレー」
「走れメロス」
「4BLOCKS」


市川九團次

平将門

市川九團次Kudanji Ichikawa

1972年4月4日生まれ。1998年大阪松竹座で坂東竹志郎を名乗り初舞台。2005年四代目坂東薪車襲名。2014年市川海老蔵門下となり、市川道行を名乗る。2015年1月新橋演舞場『石川五右衛門』のヌルハチ役で四代目市川九團次を襲名。最近の舞台では、2016年2月市川海老蔵「GRAMD JAPAN THEATER」UAE公演にて舞踊『雨の五郎』の曽我五郎時致と『三升曲輪傘売』の男伊達五尺九郎兵衛、4月市川海老蔵特別公演「源氏物語〜朧月夜より須磨・明石まで〜」では頭中将を勤める。

大橋吾郎

鶴首

大橋吾郎Goro Ohashi(特別出演)

1956年東京生まれ。仲代達矢氏主宰の無名塾4期生。
NHK銀河テレビ小説「聖者が街にやって来た」で井上ひさし役の主演を務め、ギャラクシー演技賞受賞。
舞台は、こまつ座公演「イーハトーボの劇列車」で宮澤賢治主役をつとめる。
映画では、高倉健主演「See you〜海へ」で準主役や、日本(NHK)、ドイツ(ZDF)の合作映画「ザ・ラストUボート」に出演。
NHK大河ドラマでは、「翔ぶが如く」にて小松帯刀役で出演以来、数多くの大河ドラマに出演する。2014年のNHKスペシャルドラマ「東京が戦場になった日」では、主人公の父親役として出演し、モンテカルロ国際TVフェスティバル 「モナコ赤十字賞」・NYフェスティバルTVエンターテイメント番組部門金賞を受賞した。􏰄
近年では大河ドラマ「風林火山」で共演以来、GACKT主演の舞台「義経秘伝・1.2」に頼朝役にて出演するなど新たなステージに挑戦中。

コング桑田

ルイス・フロイス

コング桑田Kong Kuwata

大阪府出身。ゴスペル歌手、DJパーソナリティー、タレントとして活動中に、1991年、劇団「リリパット・アーミー(現在はリリパット・アーミーⅡ)」に参加。その一方、外部舞台にも多数出演。2005年『レ・ミゼラブル』テナルディエ役に抜擢以降、多くのミュージカル作品で活躍。主な出演作に、舞台:『エドウィン・ドルードの謎』『ダンス オブ ヴァンパイア』、『SONG WRITERS』、『シャーロック ホームズ』、『ファントム』、『ズボン船長』、TV:ETV「シャキーン!!」(ボイス出演)等。現在、にインフミトリオでボイス出演している。また、ETV「おかあさんといっしょ」で体操のうた「ブンバ・ボーン」を歌っている。

瀬下尚人

羽柴秀吉

瀬下尚人Naoto Seshimo

1965年2月15日生まれ、長野県出身。
1986年「THE CONVOY SHOW」に参加。旗揚げから現在まで全ての作品に出演している創立者のひとりである。
2005年より立川流真打、立川談慶氏と異色ユニット「だんじゅり祭」を開催。最近の主な出演作に、舞台・「陽だまりの樹」・「コメディ水戸黄門」・「Bomber-Man」・「BASARA」、TV「天使の代理人」エピソード6準主役・「白衣のなみだ」(東海テレビ)、映画「菊次郎の夏」(北野武監督)・「ロングキャラバン」(七高剛監督)等がある。演出、タップの振付けなど多数参加。

戸井勝海

下間頼龍

戸井勝海Katsumi Toi

広島県出身。1997年『レ・ミゼラブル』のグランテール役でミュージカルデビューを果たし、99年から2001年までマリウス役を務める。以降、その安定した歌声と確かな演技力でストレートプレイ、ミュージカルと幅広く舞台で活躍し、映像作品にも意欲的に出演している。主な舞台出演作に、『グランドホテル』、『ドッグファイト』、『CHESS THE MUSICAL』、『サンセット大通り』、『タイタニック』、『氷刀火伝』、『ちぬの誓い』、『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』等。

木下政治

足利義昭

木下政治Seiji Kinoshita

1970.10.26生まれ 京都府出身。
2010年に惜しまれつつも解散した「劇団M.O.P.」に大学在学中より参加。劇団主宰 作・演出家のマキノノゾミの信頼も厚く、外部公演を含めメインキャストで出演。舞台「浪人街」では、その器用な演技で話題を集めた。 NHK朝の連続テレビ小説「まんてん」にもレギュラー出演。
以降ドラマ・舞台・ラジオと幅広く活躍中。
クールな二枚目から関西人特有の軽妙なコメディまで多彩に演じ分ける。
近年の主な出演作は、
【舞台】「ベイビーさん〜あるいは笑う曲馬団について〜」(2015) ミュージカル「グッバイ・ガール」(2015) 「MOON SAGA-義経秘伝-第二章」(2014) 音楽劇「悪名」(2014・2016) 【映画】「白ゆき姫殺人事件」(2014) 【ドラマ】「警視庁捜査一課9係 season10」(2015)「限界集落株式会社」(2015) 土曜ワイド劇場「監察官・羽生宗一2」(2014) 「HERO」(2014)「ルーズヴェルト・ゲーム」(2014)「相棒 14」など

姜暢雄

森蘭丸

姜暢雄Nobuo Kyo

1979年生まれ、兵庫県出身。
98年、ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト フォトジェニック賞を受賞。
主な出演作は、舞台「GS近松商店」ドラマ「探偵の探偵」「ワイルド・ヒーローズ」「花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜」など、映像や舞台でも活躍。
毎週木曜日23:00〜24:00オンエア中のNOTTV「100万円モバイルシャーロック」にレギュラー出演中。

まりゑ

教如・三郎

まりゑMarie

東京都出身
舞台を中心に女優そしてアーティスト活動と多岐にわたり活躍する変幻自在のマルチプレイヤー。11年夏、RiRiKAとともに2人組ユニット『ファンタスマゴリック』を結成。
作詞と振付も担当し、LIVEの構成、演出、振付全て自分たちで創り上げLIVEも精力的に行っている。近年の主な出演作に、歌喜劇『市場三郎〜温泉宿の恋』、『ドッグファイト』、『黒いハンカチーフ』、『シャーロック ホームズ2 〜ブラッディ・ゲーム〜』、『ブラッドブラザーズ』、『ショーシャンクの空に』等がある。
この夏7月には『ジャージーボーイズ』に出演予定。

ウダタカキ

明智光秀

ウダタカキTakaki Uda

1978年、東京生まれ。
大学卒業後、 アップスアカデミー代表奈良橋陽子氏に師事し、舞台「the winds of god」、「dream of passion」、一人芝居「TAIZO」などに主演する。
2007年、故若松孝二監督作「実録連合赤軍〜あさま山荘への道程〜」出演を機に映像の世界に活動の場を広げる。
主な出演作に「ロスト パラダイス イン トーキョー」、「鍵泥棒のメソッド」、「海燕ホテルブルー」、「凶悪」、「鉄馬と風」などがある。
また去年にはGACKT作演・主演舞台「MOON SAGA-義経秘伝第二章-」にも出演した。

板倉チヒロ

伴長信

板倉チヒロChihiro Itakura

1980年、兵庫県出身。劇団クロムモリブデン所属。
劇団公演以外の舞台にも多数出演。主な出演作品、舞台では「無頼茫々」、「マッシュホール」、「ショーシャンクの空に」、「醜い男」、「宝塚BOYS」、TV「痛快TV スカッとジャパン」「ラスト・シンデレラ」、「カエルの王女さま」、映画「64 - ロクヨン」「愛と誠」、「僕たちは世界を変えることができない」など。

川原一馬

啄木鳥

川原一馬Kazuma Kawahara

1990年12月26日生まれ、静岡県出身。
明るく端正なたたずまいで、映像・舞台ともに活躍中。
主な出演作品に、ドラマ『科捜研の女season15』(テレビ朝日)、『受験のシンデレラ』『初恋芸人』(NHKBSプレミアム)、『ドS刑事』(NTV)、『隠蔽捜査』(TBS)など。舞台 ミュージカル『テニスの王子様』葵 剣太郎役、BEST OF OFF BROADWAY MUSICAL『ALTARBOYZ』、ジョンソン&ジャクソン『窓に映るエレジー』、ミュージカル『走れメロス』、明治座創業140周年記念『黒蜥蜴』、『合唱ブラボー!〜ブラボー大作戦〜』、土田英生セレクション vol.1『―初恋』ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』など。

西海健二郎

梟

西海健二郎Kenjiro Nishiumi

東京都出身。1993年に劇団スーパー・エキセントリック・シアター入団。
アクション、ダンスを得意とし、劇団の公演のみならず外部客演も多く、近年では、舞台「MOON SAGA 義経秘伝第二章」やミュージカル「SAMURAI7」、熱海五郎一座「熱闘老舗旅館 ヒミツの仲居と曲者たち」に出演している。
また映像でも、NHKBSプレミアム「ある日、アヒルバス」、NHKEテレ「念力家族」、TBS「SPEC」、テレビ朝日「相棒12」、映画「もういちど〜家族落語〜」などに出演し活動の幅を広げている。

川口真五

小雀

川口真五Shingo Kawaguchi

1999年俳優デビュー。2005年に「仮面ライダー響鬼」(テレビ朝日)のトドロキ役でレギュラー出演する。以後、テレビ・舞台・映画と活躍の場を広げている。おもな作品にテレビ「相棒8」(テレビ朝日)、「戦場のガールズライフ」(BSフジ)、映画「踊る大捜査線THE MOVIE3ヤツらを解放せよ!」(本広克行監督)、「脳男」(瀧本智行監督)、「アラグレ」(権野元監督)、舞台「女殺油地獄」(笹塚ファクトリー)、「ピンクスパイダー」(東京グローブ座)、「菊次郎とさき」(ルテアトル銀座ほか)などがある。2015年に自ら企画した舞台「さくら山荘こけら落とし」は好評を博した。

押田瑞穂

さこの方

押田瑞穂Mizuho Oshida

〜芸歴〜
<舞台>
2014 進火ロン制作公演舞台「けっ!セラセラ〜知らなかった男〜」
2014 イニシャルフィルムズ制作公演舞台「あなたに贈るキス2」
2013 創造集団生活向上委員会公演舞台「立ち呑みパラダイス〜復刻版〜」
<TV>
2016 TX松本清張特別企画「喪失の儀礼」
2016 TBS月曜ゴールデン「銭のチーム」
2015 EXドラマスペシャル「陰陽師」
2015 TX「ぶっちゃけ嬢」レギュラー
2015 TX開局50周年特別企画「黒い画集〜草〜」
2014 TX水曜ミステリー9「未解決事件ファイル・時効を継ぐ女」
<映画>
2014 「ゆめはるか」五島利弘監督作品

松永渚

光・茶々

松永渚Nagisa Matsunaga

1991年5月27日生まれ、三重県出身。
2011年より、大阪にて舞台を中心に活動。主な出演作にピースピット『TRINITY THE TRUMP』、キリンバズウカ『マチワビ』、MONO『のぞき穴、哀愁』柿喰う客『露出 狂』など。
近年では、NTV『臨床犯罪学者 火村英生の推理』、『保育探偵25時 花咲慎一郎は眠れない!!』など、映像作品にも出演。

MYNAME セヨン

下間仲世

MYNAME セヨンKim Se Yong

1991年11月20日生まれ
MYNAMEいちの天真爛漫BOY
時に男らしくクールに、カッコ良く、
時にお茶目に可愛く、MYNAMEのマスコット的存在
目立つ事が大好きなムードメーカー
スポーツは全般的に得意、ダンスの実力は抜群!
日本語力にも長けており、全てにおいてNo.1を志している

BOYFRIEND ヨンミン

橋本雷

BOYFRIEND ヨンミンCho Young Min

1995年4月24日生まれ
韓国6人組ボーイズグループBOYFRIENDの双子の兄、ボーカル担当
2011年5月シングル「BOYFRIEND」で韓国デビュー。
今年2016年6月1日に日本でニューシングル「GLIDER」を発売、オリコンウィークリーチャート3位記録。
<韓国演技活動履歴>
・ドラマ代表作
MBC シットコム「まるごとマイラブ」(2010)
KBS ドラマ「家族を守れ!」(2015)等
・映画
「The Warrior`s Way」(2010)チャン・ドンゴンの子役
・CM
子役活動の頃から約300編の広告に出演

Performer パフォーマー


以下50音順

岩田笙汰

岩田笙汰Souta Iwata

兵庫県出身。大阪ダンス&アクターズ専門学校でミュージカルを学び、卒業後に上京。
舞台での活動を中心に行う一方、幼少の頃より柔道やカンフーを習い、高校在学時には弓道でインターハイに出場するなど様々なスポーツで培った運動神経を活かし、全国各地で様々なスーツアクションでも活躍するなど活動の幅を広げている。

小島久人

小島久人 Hisato Kojima

1986年9月1日生まれ。栃木県出身。
20歳の時に上京し、劇団翌檜座へ入団。俳優としての活動を開始する。
退団後も、主に舞台を中心に活動。表現の幅を広げるべく、近年では、日光江戸村での忍者劇場への出演をはじめ、各種イベントでのアクションショ―への出演。その他、全国各地で行われる「スケア―ド・ストレート」でのスタント等、その活動を多岐に広げている。
近年の主な出演作は、映画「永遠のダイヤモンド」、NTV「お兄ちゃん、ガチャ」、PV GACKT「ARROW」舞台「流れる雲よ」等。

高橋寿江(CHACO)

高橋寿江(CHACO)(CHACO)Hisae Takahashi

ダンス歴20年。
音楽一家に産まれピアノ、フルートに学生時代をついやし、高校2年で新体操との出会いからダンスを始める。グレゴリーハインツを映画で見たのがきっかけでスタートTAPダンス、その後、コーラスラインやフラッシュダンス、マルコムXなどの映画にインスパイアされ、上京後本格的にダンスの道へ。
TAP 7年、JAZZ10年、Street Dance17年、(ブレイク、ロック、ソウル、ヒップホップ、パンキング、アフリカンなど)ジャンルにとらわれない、マルチなダンサーとして海外でも公演に参加。
武富士を始め多数CM、様々なアーティストの振付やバックアップダンサーを務める。最近ではGACKT演出脚本出演舞台「MOON SAGA-義経秘伝-」振付補佐出演
海外アーティストOtto Knows PV振付演出補佐などダンスだけでなくマルチに活躍
この存在感から、資生堂、ウエラヘアーショー、adidas、reebokファッションショーダンサー兼モデルもこなすマルチなアーティストである

原真礼

原真礼Marei Hara

千葉県出身。日本大学芸術学部演劇学科洋舞コース卒業。
大学時代コンテンポラリーダンスを学ぶ。在学中よりイベントなどの振付アシスタントとして活動。クラシック・バレエ、ジャズダンスの研鑽を積み、ダンスパフォーマンスや舞台活動を続ける傍ら、ダンサーやシンガーの振付も手掛ける。
2007年には音楽座へ入団。2011年単身ニューヨークへダンス留学。現在はコンサートやダンス講師など、ミュージカルの魅力を伝えるかつどうにも注力する。
主な出演作品は音楽座ミュージカル・ガラコンサート、「リトル・プリンス」や「アフター・ザ・カーニバル」「夜物語」「星の王子さま」「ききみみずきん」「KOKORO fromサンタ」「MOMO」などがある。
2014年にはGACKTプロデュース「MOON SAGA-義経秘伝-」にも出演した。

藤井亜衣

藤井亜衣Ai Fujii

GACKT主演舞台『MOON SAGA-義経秘伝-』全61公演出演。
嵐、TRF、GIRL NEXT DOOR、リュ・シウォン、真島茂樹、水森亜土、氷川きよし、城咲あい、紅白歌合戦、ミュージックステーション、舞台、ドラマ、CMなどでダンサーとして出演。
東京ゲームショー、ジャンプフェスタ、東京モーターショー2014、東京オートサロン2014-2015ダンサー出演。
MISS POLE DANCE JAPAN&POLE KING2015ファイナリスト。

前田剛司(MAEDA)

前田剛司(MAEDA)Koji Maeda

1983年3月10日生まれ。
1999 年16 歳からダンスを始めHIPHOP ダンスを中心にストリートダンサーとして活動。2002年以降LAに渡米し様々なジャンルのダンスを習得。帰国後、2005 年に日本で最初のクランプヒップホップチーム『KAMIKAZE CLOWNZ』を結成。2008年、TOMMY THE CLOWN、LIL TOMMYのもとで本場のクラウン活動をし、ロサンゼルス各地を回る。
現在芝居、ダンスを融合させたエキセントリック・ダンステイメント・クルー「Blue Print」に所属し、主役から脇役までマルチに活躍している。また楽曲制作や動画編集、デザインの作成、クラフト系アイテムの創作活動を『MAEDA KOUBOU』として行い、様々なアーティストのPVやライブに作品提供している。

松村武司

松村武司Takeshi Matsumura

兵庫県神戸市出身。18歳から関西にて専門学校でダンスを学び、ストリートダンスを踊り始める。関西・関東のテーマパークでダンサーとしてのキャリアをスタートさせる。関東テーマパークではアクロバットダンサーとして特別枠に出演。東京に上京後JAZZ DANCEを新上裕也氏・高木紳一郎氏のもとで学ぶ。香瑠鼓プロデュース「森羅」ではイギリス・エジンバラフェスティバルに作品を出品し高い評価を得る。DOHAで行われたアジア競技会の開会式に日本人ダンサーとして参加し、アジア各国のダンサー達と競演する。またメディアでは多数のCM・プロモーションビデオに出演。近年では「サカナクション」のライブにソロ出演し2万人の観客の前でパフォーマンスを披露した。振り付家としては、多数の男性アイドルグループのコンサート・TV等の振り付けに参加。CMやPV等の振り付けも数多く手掛ける。
2012年から20名近くの若手ダンサーと共に活動を開始。マネージメントやライブ演出・アーティスト発掘等の仕事をしつつ、地元神戸で自身のスクールを立ち上げ。3歳~小学生を中心にダンスを指導している。現在、オープンスクール・ダンス&アクターズ専門学校・大阪芸術短期大学にてクラスを担当。

吉岡麻由子

吉岡麻由子Mayuko Yoshioka

静岡県出身。
出演作品
<TV>NTV:「ペーパー離婚」「イケ麺ソバ屋探偵〜いいんだぜ!〜」「ハケンの品格」「プリマダム」
TBS:「佐々木夫妻の仁義なき戦い」「渡る世間は鬼ばかり」「ビューティフル・ライフ」
CX:「ありふれた奇跡」「Dのゲキジョー」
TX:「週刊赤川次郎『代筆』」
テレビ神奈川他:「押忍!!ふんどし部!」(出演、ダンス指導アシスタント)
<映画>「桜、ふたたびの加奈子」、「bird call」(井上春生監督)、「恋愛冩眞」(堤幸彦監督)、「WASABI」(リュック・ベッソン製作/脚本)
「リリイ・シシュのすべて」(岩井俊二監督)、「富江リプレイ」(光石富士朗監督)
<舞台>「カンタレラ2012〜裏切りの毒薬〜」(2012年)「琉球ロマネスク テンペスト」(2011年)
ミュージカル「ラムネ〜夢の途中編〜」(2008年)奈美江役
ミュージカル「ガールフレンズ」(2008年)、ミュージカル「ピーターパン」(2005〜2007年)トゥートルズ役
山口百恵トリビュートミュージカル「プレイバック part 2 屋上の天使」(2005年)エリカ役
ミュージカル「サヨナラのLOVE SONG」(2004年)、ミュージカル「ふたり」(2003年)
THE CONVOY SHOW「PENGUINZA」(2002、2001年)

Staff スタッフ


斎藤栄作

斎藤栄作Eisaku Saito脚本

1996年日本大学芸術学部演劇学科を卒業後、劇団POOL-5を旗揚げ、 2006年活動を休止。
それに伴い個人プロデュースLEMON LIVEを立ち上げ、全作品の脚本・演出を担当。脚本家・演出家として外部活動も精力的に行い、現在に至る。
主な作品:【脚本】シャーロックホームズ2(@東京芸術劇場プレイハウス)/逆転裁判2(@六本木俳優座劇場)/TSミュージカルファンデーション「familia」(@東京芸術劇場プレイハウス)【脚本・演出】 サクラ大戦 奏組「薫風のセレナーデ」(@銀河劇場)/PSO2オンステージ(@青山劇場)/ぷよぷよオンステージ(@赤坂ACTシアター)など


ウォーリー木下

ウォーリー木下Worry Kinoshita演出

1971年12月20日生まれ、東京都出身。
1993年、神戸大学在学中に劇団☆世界一団を結成。現在はsunday(劇団☆世界一団を改称)の代表で、全ての作品の作・演出を担当。sundayは年に一本の新作を製作。関西の注目劇団の一つ。戯曲家・演出家として、外部公演も数多く手がける。特に役者の身体性を重視した演出が特徴。テキストに関しても、戯曲以外のものを使用することが多い。
sundayでの活動にとどまらず、映像や音楽を取り入れた言葉を発しない、ノンバーバルパフォーマンス集団THE ORIGINAL TEMPOのプロデュースを行い、エジンバラ演劇祭にて5つ星を獲得。その後、スロベニアや韓国、ドイツなどと国際共同製作を行い、海外からも高い評価を得ている。
2011年には、PLAY PARK-日本短編舞台フェス-、2013年に多摩1キロフェスを立ち上げるなど、様々な演劇祭でフェスティバルディレクターを務めている。また、2013年夏からガールズグループ東京パフォーマンスドールが出演する演劇とライブを融合させたPLAY×LIVE「1×0」の演出やライブの演出を手がけている。
メディアアートとパフォーミングアーツの融合で注目を集め、従来の“演劇”という概念を超えた新しい挑戦をし続けている。


小篠ゆま

小篠ゆまYuma Koshino衣裳

文化服装学院服飾研究科卒業後、渡仏し高田賢三氏のアトリエにて研修。その後英国に渡り、ミチコロンドンコシノのアシスタントデザイナーを経て帰国。国内のメゾンにて実績を積んだ後、1998年に自身のブランド「YUMA KOSHINO」を発表。女性ならではの感性のエネルギーを、楽しく心地よいデザインで表現し、幅広い支持を得ている。現在は同ブランドを全国百貨店で展開する他、映画や舞台の衣裳デザイン、大手企業や学校などのユニフォームを数多く手掛ける等、活躍は多岐に渡る。


紫舟SISYU題字

書家・アーティスト。
パリ・ルーブル美術館地下会場Carrousel du Louvreにて開催されたフランス国民美術協会(155年前にロダンらが設立)サロン展2015にて、横山大観以来の世界で1名が選出される「主賓招待アーティスト」としてメイン会場約250㎡で展示。2014年同展では「北斎は立体を平面に、紫舟は平面を立体にした」と評され、日本人初・金賞をダブル受賞。
日本の伝統文化である「書」を書画・メディアアート・彫刻へと消化させながら、文字に内包される感情や理を引き出し表現するその作品は唯一無二の現代アートとなり、世界に向けて日本の文化と思想を発信している。
文科省2020 年に向けた文化イベント等の在り方検討会委員、内閣官房伊勢志摩サミット・ロゴマーク選考会審議委員、大阪芸術大学教授。